ナビゲーター
TVガイドみんなドラマ編集部
2021.10.7
 ネタバレ注意! 主演・亀梨和也「正義の天秤」制作統括 独占アフタートーク! vol.1 ~スーパーボールに隠された秘密とは?
いいね!
72 シェアする

亀梨和也さんが外科医から転職した天才弁護士・鷹野和也を演じる土曜ドラマ「正義の天秤」(NHK総合)の初回放送はいかがでしたか? みんなドラマの姉妹ブランドであるTVガイドWebで始まった制作統括・真鍋斎さんの5週連続インタビューはご覧いただけましたでしょうか。

ここで皆さんに朗報! みんなドラマでも、各話放送終了直後に制作統括・真鍋斎さんが明かす“今だから言えるネタバレ注意のアフタートーク”を掲載! TVガイドWebで予習して、みんなドラマで復習して、一緒に、より深く「正義の天秤」を楽しみましょう✨

――1話の興奮が冷めやらないのですが、亀梨さんがクランクインで撮影されたシーンを教えてください!

「亀梨さんの撮影初日は、鷹野が師団坂法律事務所に招へいされて、佐伯芽依(奈緒)や『ルーム3』のメンバー・西園寺清隆(竹中直人)と初対面を果たすシーンです。亀梨さんは鷹野のキャラクターをしっかり把握されていて、役にぶれがなく、見ごたえのあるシーンになりました」


――西園寺役の竹中さんも「ルーム1」のメンバー同様、ひと癖ありそうなキャラクターのように感じました。

「そうですね。なかなかのくせ者です。撮影に関していえば、亀梨さんは以前、竹中さんや奈緒さんと共演されていたので、初対面の緊張感がない分、自然と撮影にも集中できていたようでした」


――では、鷹野が「ルーム1」のメンバーと初対面にもかかわらず、毒舌を吐いたシーンはどんな雰囲気だったんですか?

「杉村徹平役の北山(宏光)さんは亀梨さんと同じ事務所だし、亀梨さんが共演したことがある方が多い現場だったので、ドラマでは毒舌を吐くシーンでしたが、現場の雰囲気は和やかでした。それよりも、どういうふうに鷹野のキャラクターを作り上げていくかということを試行錯誤していましたね」

    
    
――鷹野が事あるごとにスーパーボールを触っていたのがとても印象的でした! スーパーボールは原作にも登場していたのでしょうか?

「あれは、原作にはまったくないドラマオリジナルのものです。鷹野が野球のファンだということは原作にあり、亀梨さんも野球が好きだからフィーチャーして生かしていこうと話していました。その後、頭の中の点と点が線で結び付いて、事件の本当の姿が見えてくるという鷹野の思考のプロセスを映像的にどう表現するかを考えた結果、野球のボールを触っているところから派生して、考えをまとめる時にスーパーボールを触って弾ませたりするアイデアが出てきたんです」


――亀梨さん、スーパーボールを自在に操っているように見えましたが、最初から上手に使いこなしていらっしゃったのでしょうか?

「あれ結構難しいんですよ。スーパーボールを見ないでポンポン弾ませるのって」


――ですよね! でも、目で見ていなくても、磁石でも付いているかのようにスーパーボールを触っていました!!

「考え事をしながらスーパーボールを触っているという設定だから、ボールに集中していないんです。でもそれってうまくできない人はできないんですよね。スタッフでも、まねをしていた人がいたけど、できなくて…。亀梨さんは運動神経がいいんでしょうね。ボールを持ちなれているからなのかもしれませんが、最初から問題なくできていました」


――さすがです! また、鷹野と杉村がキャッチボールをするシーンが北山さんの初日だったそうですが、そのシーンについてはいかがでしたか?

「和やかに進んでいったんですが、オリンピック開催期間に撮影をしていて、コロナウイルスの感染爆発が起きていた真っ最中だったので、そういう意味での緊張感はありました。キャッチボールについてはお二人とも問題なくされていましたが、北山さんが撮影初日だったので、杉村をどんなキャラクターにするかを探りながら撮影をしていた印象です」

    
    
――「俺にとって、弁護は治療だ!」という鷹野のセリフにもあるように、弁護士としては少し変わった弁護の仕方をしていますね。

「鷹野は型破りな弁護をする人なんです。弁護士は減刑したり、無罪にしたりと被告側の刑を軽くすることが第一の目的ですが、原作やこのドラマが目指すところはそこではなくて。もちろん法治国家だから法に基づいて立証し、裁いていきますが、それで被告人の気持ちや魂が救われるのであろうかと。第1話の溺死事件についても、無罪を主張することもできたのに、鷹野ははっきりと殺人罪だと検察みたいなことを言うわけです。それは鷹野が、罪を犯した人間がちゃんと罪と向き合い、しっかりと償ってやり直すということを目指しているからこそなんですよね。こうやって話すと理屈っぽく聞こえますが、そう思われないようエンターテインメントドラマを作っていこうとしています」


――ありがとうございました!


 次回は第2話(10月2日放送)の直前に「TVガイドweb」にて、真鍋さんの注目ポイントをご紹介します!(聞き手:NHK担当記者K)

Profile

真鍋斎(まなべ いつき)
1991年、NHK入局。これまで大河ドラマ「龍馬伝」(NHK総合ほか)や「立花登青春手控え」(NHK BSプレミアム)で演出を手掛けたほか、「大岡越前」(NHK BSプレミアム)や連続テレビ小説「まんぷく」(NHK総合ほか)で制作統括を担当。現在は、土曜ドラマ「正義の天秤」の制作統括を務めている。

土曜ドラマ「正義の天秤」

NHK総合 土曜 午後9:00~9:49 ※リピートあり
9/25(土)スタート<全5回>
   
   

TVガイド みんなドラマ を友達に教える
 
TVガイド みんなドラマ
ログインID(ご登録のメールアドレス)
パスワード
ログイン
新規登録
ドラマを楽しむ。さあ、TVガイド みんなのドラマに参加しよう! 登録(無料)すると、好きなドラマの応援投稿ができます

登録メールアドレスに本登録用の
URLを送付します。
@mindra.jpのメール受信を
許可してください。

メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性があります

利用規約 と プライバシーポリシー
に同意いただく必要があります