ナビゲーター
TVガイドみんなドラマ編集部
2021.12.13
✒瓔珞を語る 第2章・誰もが惚れる皇后
いいね!
0 シェアする

中国時代劇は面白いって聞くけど…と、話数の長さでちょっと戸惑っている方必見! 脇役のキャラも濃く、「私なら○○かな?」と登場人物を自分事に置き換えてしまうほどハマる中国時代劇「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」。キャラクターを知れば、ハマらずにはいられない! ということで誕生した全7章の連載、「中国時代劇『瓔珞』(ぬま)を語る」。

絶賛放送中(BS11 イレブン 毎週月▶金後3:29~)の本作のキャラクターを紹介(ツッコミ!?)しながら、みなさまを中国ドラマの沼、喋り場へとご招待いたします!! ネタバレを読みたくない! 方は、「いいね!💛」を押して後から読んでくださいね。

第2章  この方に惚れずして見終われない …皇后/富察容音(フチャようおん/演:チン・ラン)

予想の斜め上をいく爆裂キャラの瓔珞に続いては、安定のこのお方。視聴者の心のオアシス、みんなのアイドル、フゥアン↗ホウ↓ニャン↗ニャン(皇后娘娘)! 声高めのコールでお願いします💕 後宮の唯一の良心、美しく気高く、海のように広い心を持つ(紫禁城から海は見えないけど💦)この方に惚れずして、このドラマが見終われようか。(いや、見終われない!)

「インルォ(瓔珞)」と呼ぶ澄んだ声も美しい皇后さま。「こんなに頭のキレる女官は初めて見た」と瓔珞をおもしろがり、書を教え、その減らず口で皇帝やら妃嬪やらに殺害されそうになった瓔珞を何度救ったことか。亡き姉を想って泣く瓔珞に、「悲しい時は一人で泣くことはない」と涙をふいてあげる皇后。惚れてまうやろ~。

妃嬪たちへの気遣いだって半端ない。お産の世話から経済的な援助まで、皇后さま自身のお体も弱いのに何かあればすぐに動く。「私は妃嬪たちの主、後宮を守る傘よ」「私は女である前に皇后なの」。こんな上司の下で働きたいよ、本当に。

そして皇帝・乾隆帝への無償の愛✨ 「善を見せては善にあらず」と、相手に気づかせない心遣いで尽くす。病になれば寝ずに看病、常日頃から体に良いものを差し入れたり、気短に怒る皇帝を甘い笑顔でたしなめたり、時にはびしっと諫めたり。皇帝がやって来るのを寒い表で待ち続ける姿は健気すぎて…。ちょっと皇帝にはもったいないのでは!?(秘)

曲者・瓔珞にさえ「皇后の慈悲深さは唯一無二です!」と言わせたかと思えば、(謎めいた笑顔で)普段から皇后への傾倒を隠さない純妃とは、同性愛疑惑が生じたほど(オチは見てのお楽しみ)。派閥には取り込まれるまい、と孤高を保とうとする嫻妃だって、皇后の慈愛にはほだされ気味。そして、“皇后様ファンクラブ会員番号1番”(とか自称してそう)・侍女の明玉は皇后ラブをこじらせすぎて、どんどん闇に落ちしていくし!

それに何より、皇帝のご寵愛がね、すごいです。やたらとお住まいの長春宮に来る。他にも嬪いるよね? そしてメロメロの眼差しで皇后の手を握ったり、おでこにキスしたり、実在の皇帝役にしてはラブラブ感が半端ない。でも、もっとラブラブしてくれてもいいけどね(笑)。宮殿の外でみんなで花火を見ている時も、右にいる高妃にしがみつかれるやその手をふりほどき、左にいる皇后を抱き寄せたのには笑ったわ。わかるよ、乾隆帝。優しいお母さんみたいな、憧れのきれいなお姉さんみたいな…こんな奥さん私だってほしいもの!

だけど、もちろんアンチもいる。わかりやすい悪役から、ちょっとソフトに路線変更して復活をたくらむ高妃(写真中央の深緑の妃)は、打倒皇后の一念。美貌と技芸は後宮ナンバー1(そうかな?)といわれ、バックもデカい彼女(皇帝の寵臣の娘)は、お召し物もハイブランド風。なんとなく現代でいうなら、全身ルイ・●ィトン? 対する皇后は、ポイントにディ●ールって感じ。でもそんな高妃の存在だって、皇后の気品と寛容さを際立たせるものでしかないと断言しておく!

この麗しい皇后を演じたチン・ランは、1979年生まれの御年42歳! ヤングとは言われないけど、年齢を超越した美しさ。インスタの写真が美女すぎてヤバイです。元カレは大スターのホァン・シャオミン! 華やか~💛 本格デビュー作「大唐情史(原題)」(’01年)から武則天を演じているという大物感。’03年に清の後宮を舞台にした人気シリーズ「還珠格格(原題)」の第3部に出演して頭角を現し、その後もさまざまな作品に出演。日本だと「項羽と劉邦~King’s War~」(’12年)の呂后役が記憶にある人も多いのでは? そして「瓔珞」で再ブレイク! ちなみに、「民初奇人伝~正しき反逆者たち~」(’20年)では妖艶なチャイナドレス姿が拝めます。

そして今後、皇后はどうなるのか? 世に言う美人薄命、こんなに美しく優しい皇后に、ハッピーエンドを迎えさせてくれるほどユー・ジョン(本作プロデューサー)は優しくはないだろう。しかし、これから何が起きても皇后は、儚く美しい笑みを浮かべて消えていくのだろうな。そんないつかに心を痛めつつ、この笑顔と優しさを“皇后様ファンクラブ会員番号2番”(皇后ラブの明玉が怖いから、1番は遠慮)として追っていきたいと思います。

それでは今一度、ご唱和ください! 女も惚れるフゥアン↗ホウ↓ニャン↗ニャン(皇后娘娘)~❤

■DVD発売情報
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~
コンプリート・シンプルDVD‐BOX1~5 好評発売中 各5,500円(税込)
DVD全36巻好評レンタル中
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

ライター:熊坂多恵
映画雑誌の編集を経てフリーライターや編集として、台湾ドラマや音楽の記事やインタビューなどを執筆。某台湾バンドの追っかけで、北京、天津、上海、南京と大陸巡業。現在は、中国ドラマ、主に中国時代劇の記事執筆や雑誌編集に携わる。最近は、「ON」(かっこいい)、「IDOL」(かわいい)、「Butter」(おもしろい)から、BTSに沼堕ち中。

TVガイド みんなドラマ を友達に教える
お気に入り

お気に入りドラマ

カレンダー

曜日別ドラマ

                フォローユーザー

                フォローユーザー

                 
                TVガイド みんなドラマ
                ログインID(ご登録のメールアドレス)
                パスワード
                ログイン
                新規登録
                ドラマを楽しむ。さあ、TVガイド みんなのドラマに参加しよう! 登録(無料)すると、好きなドラマの応援投稿ができます

                登録メールアドレスに本登録用の
                URLを送付します。
                @mindra.jpのメール受信を
                許可してください。

                メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性があります

                利用規約 と プライバシーポリシー
                に同意いただく必要があります