ナビゲーター
TVガイドみんなドラマ編集部
2021.11.24
ハマる理由にキャラあり! 「中国時代劇『瓔珞』 神セブン!」 ~第1章  倍返しで何が悪い!? …魏 瓔珞~
いいね!
1 シェアする

※前置きが長めです。超大作中国時代劇「瓔珞」をキャラクターで斬り込む! という話ですので、軽くスクロールしてもOKです!

突然ですが、中国ドラマを見たことはありますか? もしくは、No 中国ドラマ No Life ですか? 中国ドラマ、特に時代劇は、総再生回数何百億、総製作費何十億、豪華キャスト&ヒットメーカー集結で史実を描くなど、桁も人気も大作ぞろい。ですが、“億”ってちょっとピンとこないし、全50話以上の作品が多い。だけど、話の長さなんて全く問題ないんです。なぜなら、登場人物が濃いから。脇役さえも(笑)。 試しに、中国ドラマ好きの人に「『瓔珞』の李玉ってどう思う?」と聞いてみてください。終電か寝落ちするまで、話を止めてくれないはず…。それくらいキャラクターを細やかに描くのが、中国時代劇。つまり、キャラクターを知る=ハマる、もうこっちのものなのです!!

ということで、中国ドラマはじめましての方には、絶対安全安心保証の、すでにハマっている方には、一緒に盛り上がらなくて何をする!? 的な中国ドラマを用意いたしました。

題して、「TVガイドみんなドラマ的 『瓔珞』神セブン!」。絶賛放送中の超大作時代劇「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」(BS11 イレブン 毎週月▶金後3:29~)から、7人のキャラクターを2週間ごとに厳選して紹介。中国ドラマの沼、喋り場へとご招待いたします!!

全70回の作品をぎゅぎゅっと凝縮するので、少し長いですが、どうかお付き合いくださいませ。ネタバレを読みたくない!方は、「いいね!💛」を押して後から読んでくださいね。

第1章  倍返しで何が悪い!? …魏 瓔珞(ぎ えいらく/演:ウー・ジンイェン)

  
連載の初回を飾るのは、主人公の魏瓔珞(写真)。後宮で謎の死を遂げた姉の汚名をそそぐため、すまし顔だが心中は殴り込みの覚悟で、後宮の女官となった魏瓔珞。とにかく最初から顔に気合いがあふれ、瞳孔がかなり開き気味。大きな瞳をした女優さんなんだけど、やはりそこには、尋常ではない闘志と狂気が垣間見えてしまう!

  
そんな彼女は、最初からアクセル全開! 後宮で用いられる衣裳に刺繍をする部署(縫坊)の女官という高くない身分のわりに、お妃候補を追い出すわ、お妃同士のつぶし合いの戦いに口を挟むわ、やりたい放題。必要がなければ自ら手を出さないけど、売られた喧嘩は買う! しかも基本“倍返し”。同僚から湯吞みで水をかけられれば、桶で水を運んできてぶっかけ返すなど、やることが半端ない。さすが、「女版・半沢直樹」といわれる所以だわ。

だけど、言うこともそれなりなのが瓔珞。「友はいらない。私を怒らせると怖いよ」。一匹狼でクールな彼女は、言葉も気も強い。なかなかこうは生きられないけど、周囲に気を使いすぎて疲れた日には、つぶやいてみるとスカッとするかも!? そして、「人事を尽くして天命を待つ。ダメなら死ぬ運命」。太監と文字通りの死闘を繰り広げ、焼死覚悟で火をつけた瓔珞が放った一言。やるだけやってダメなら仕方ない。まさに、「やらぬ後悔より、やる後悔」的な名言、さすがだわ…。
  

一見、やることは激しい瓔珞。だけど、頭の中では冷静に計算が働いているため、行動は全てその結果を見越したもの。かと思えば、素で庭の木にボカスカ八つ当たりしているところに、ナイスタイミングで乾隆帝(ニエ・ユエン)が通りかかってしまい、見とがめられる。何でも、その木が、彼が名付けた霊樹だったという運の悪さ…(汗)。しかし、それすらも流れるようなデマカセで言い繕い、その場を切り抜ける。これも後の瓔珞と乾隆帝の関係のフラグかと思うと、瓔珞はモッテる女だよね。
  

そして、姉の仇を探していた瓔珞は、ついにそれらしき人物を特定。その人物は、少し前から彼女の前に麗しい姿をチラチラ見せていた御前侍衛・富察傅恒(フチャふこう/シュー・カイ)。実写なのに、マンガのようなイケメン! しかも皇后の弟という身分で、女官たちが女子高生になったようにキャワつく存在。だけど、そんな彼に対しても容赦ないのが瓔珞。
  

  
あざといを超えた仕掛けで接触し、こんな顔もできるんかい! という表情で見つめ、プレゼントを贈ったり…。だけどこれ、ミニサイズの時限爆弾というか、殺傷能力の高いヤバいブツ。それでも傅恒殿は、瓔珞にメロメロ。はぁ、チョロすぎるよ。こんなにイケメンモテ男なのに、あざと女子には免疫がないのか…。そして、こんないい人が瓔珞の姉の仇であるわけはない(?)ので、おそらく思いがけぬ犯人が今後登場するはず。え!? そして二人は恋仲になっていく!?

  
一方で、傅恒に近づくために皇后付きの女官になった瓔珞だが、そこで乾隆帝と再会。キレ者の瓔珞に対して、乾隆帝の危険アラートが発動。この女はヤバい。ある意味、似たもの同士ともいえる瓔珞と乾隆帝の間に、第2のフラグが立った!?

果たして瓔珞は姉の仇に復讐できるのか? ハードボイルドな瓔珞の物語に、ロマンスの花は咲くのか?
  

  
このなんとも言えない魅力の持ち主・瓔珞を演じて一躍ブレイクを果たしたのが、ウー・ジンイェン。美人が多いといわれる四川省の出身で、1990年生まれの現在31歳。瓔珞を演じていたのはなんと27歳の時!

6歳で踊りを習い始め、長じてはバレエの訓練を受け、17歳で中央バレエ団に所属。その後、ケガで退団し、名門・北京電影学院に入学というドラマチックな経歴。2010年にドラマデビューするもお蔵入りとなり、2018年の「延禧攻略」(「瓔珞」の原題)までコツコツと下積みを続け、満を持してブレイク! その後の「秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~」「四大名捕~都に咲く侠の花~」では、こんなところに発見、という感じ。「瓔珞」のプロデューサー、ユー・ジョン作品の常連でもあるので、「鳳囚凰~陰謀と裏切りの後宮~」「コウラン伝 始皇帝の花」で一味違う彼女の魅力も確認したくなるんだわ!

日本では時代劇の古装美女のイメージが強いけど、彼女のInstagramや微博(ウェイボー:中国のブログサイト)、ファッション誌のグラビアなどを見ると、超モードでスタイリッシュなメークやファッションがまた似合う! いまどきのナチュラルな太眉も美しく、「瓔珞」の時は役作りでこれを一部剃り落としていたとか(驚)。そんな彼女には、「瓔珞」で共演したシュー・カイやホン・ヤオとの熱愛疑惑が生じたが、ゴシップどまりだったよう。やはり今は仕事が恋人!?

  
他には、ラブ・サスペンスの「你是我的答案(原題)」(英訳:You Are My Answer)、ニエ・ユエンとの再々共演作「幸福還會来敲門(原題)」(英訳:Knock on the happiness door)、トレンディードラマ風の「青春创世纪(原題)」(英訳:Something Just Like This)、「正青春(原題)」(英訳:Fighting Youth)など現代ドラマも新鮮だが、ここはやはりシュー・カイと共演した最新時代劇「尚食(原題)」(英訳:RoyalFeast)をチェック!

中国版「宮廷女官 チャングムの誓い」ともいわれる「尚食」は、明の時代を舞台に、後宮で料理人として成長、成功を収めていくヒロインをウー・ジンイェンが演じ、彼女と愛を育む後の皇帝・朱瞻基(しゅ・せんき)をシュー・カイが演じるというもの。中国の伝統美食がテーマかつ、ヒロインのサクセスストーリー×ラブ×グルメと、ご馳走様です。中国では、旧正月前に放送予定(2022年1月31日~)だという話も小耳にはさんだので、日本に上陸する日もそう遠くないよね? これまた新しい中国ラブ史劇の誕生となりそうな予感で、ウー・ジンイェンからまだまだ目が離せない!

さて次回は、12月13日(月)に、頼りになるお姉さまをご紹介予定です!!


※作品名が(原題)のものは、現在、日本でテレビ放送されていない作品です。
  

■放送情報
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~
BS11 イレブン 毎週月▶金後3:29~4:30(※1/7(金)は休止・全70回・字幕)

■DVD発売&レンタル情報
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~
コンプリート・シンプルDVD‐BOX1~5 好評発売中 各5,500円(税込)
DVD全36巻好評レンタル中
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

  
  
ライター:熊坂多恵
映画雑誌の編集を経てフリーライターや編集として、台湾ドラマや音楽の記事やインタビューなどを執筆。某台湾バンドの追っかけで、北京、天津、上海、南京と大陸巡業。現在は、中国ドラマ、主に中国時代劇の記事執筆や雑誌編集に携わる。最近は、「ON」(かっこいい)、「IDOL」(かわいい)、「Butter」(おもしろい)から、BTSに沼堕ち中。

TVガイド みんなドラマ を友達に教える
 
TVガイド みんなドラマ
ログインID(ご登録のメールアドレス)
パスワード
ログイン
新規登録
ドラマを楽しむ。さあ、TVガイド みんなのドラマに参加しよう! 登録(無料)すると、好きなドラマの応援投稿ができます

登録メールアドレスに本登録用の
URLを送付します。
@mindra.jpのメール受信を
許可してください。

メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性があります

利用規約 と プライバシーポリシー
に同意いただく必要があります