ナビゲーター
TVガイドみんなドラマ編集部
2021.12.16
🎤永瀬廉インタビュー「ジャニーさんに導かれて、今の僕がいる」
いいね!
25 シェアする

King & Princeの永瀬廉さんが時代劇に初出演することで話題の土曜ドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」(NHK総合ほか)が、1月8日から総合テレビにて放送されます。時は幕末、国際都市として栄えた長崎が舞台の物語。ちなみに「わげもん」とは漢字で和解者(わげもの)と書き、当時の言葉では通詞、現代でいえば通訳者となります。永瀬さん演じる伊嶋壮多は江戸からやって来た青年で、長崎で失踪した父を探すうちに、オランダ通詞の森山栄之助(小池徹平)や、長崎の下町の裏事情に通じている神頭有右生(髙嶋政宏)などと出会い、長崎ならではの事件に巻き込まれてゆくのです。そんな壮多を演じる永瀬さんに、本格時代劇に挑戦した感想や演じる壮多の人物像を伺いました!

最近はグループのメンバーに「今日はかつらじゃない」といじられます(笑)

――本格的な時代劇に初挑戦した感想を教えてください。

「かつらひとつにしても、準備がすごく大変で、僕が知らなかった世界でした。時代劇ならではのセットは、町人の風貌はもちろん、町の雰囲気も現代劇と違うし、お芝居する時のセリフでも違いを感じられて、楽しく演じることができました」


――時代劇だからこそ、気を付けた点や大変だったことはありますか?

「撮影前に所作指導の先生から所作を少しずつ学んでいました。所作において普段の永瀬廉の姿勢が出ないように気を付けていましたね。また、台本を読んでいる時に、時代劇で長崎の物語だからということもあって、どういう意味だろうと疑問に思った方言や単語が多かったので、意味を調べたりしました」


――本作は京都で撮影されたそうですが、京都での撮影はいかがでしたか?

「セットがどこも画になる風景ばかりで、壮多の格好で『どこで写真撮ろうか?』とマネジャーさんと一緒に相談をしながら歩いていました。撮影所の近くには、名物の喫茶店があったので、そこに行くのがすごく楽しかったですね」

――ご自身のちょんまげ姿を初めてご覧になった時は、どう思われましたか?

「今まで前髪を上げて、おでこを全開にしたことがなかったので、最初は少し恥ずかしさもありましたし、見慣れなくて笑いそうになったのを覚えています。でも皆さんが『すごく似合っている』と言ってくださって。今はかつらを被ると撮影を頑張ろうと気合いが入りますし、自分のちょんまげ姿も良いんじゃないかと思っています」


――ちょんまげ姿のビジュアルが公開されていますが、周りからの反響を教えてください。

「『わげもん~』で僕が主演するというニュースがネットで流れた時に、ジャニーズWESTののんちゃん(小瀧望)から、その記事のスクリーンショットとともに『笑』って来て、『似合ってるでしょ?』と返したら、『うん』って返事が来ました(笑)」


――King & Princeのメンバーからは何か言われましたか?

「『あれ、今日かつらじゃないじゃん!』といじられるようになってきました。そういう時は笑いながら突っ込んでいます」

オランダ語は一文字も聞いたことが無くて(笑)。覚えるのはめちゃくちゃ大変でした!

――この作品のどんなところが魅力だと思われますか?

「長崎が舞台で、通訳に焦点が当てられているので、撮影に入るのが楽しみでした。苦労は多々ありましたが、教科書で習っていない歴史の裏の部分が描かれた作品はあまりないので、見ている人にも新たな刺激が与えられるところが魅力です。長崎には、たぶん人生で一回も行ったことがないのですが、異国情緒あふれる感じが好きです。今回のドラマをやらせていただいてからは、出島や軍艦島、ハウステンボスに行ってみたいと思うようになりました。また、『わげもん~』の時代は、ペリーが来航する少し前なのですが、実際知ると、戦国時代のような有名な時代とはまた違った魅力がありました。当時の日本や長崎の内情を知れたことは、自分にとって新しい刺激だったので良かったです」


――クランクインの時のことは覚えていらっしゃいますか?

「覚えています! 長崎に着いた壮多が、『あ、これが長崎の町並みか』と特産品や壺が売られている町の風景に圧倒されながらも、楽しんで歩くシーンです。壮多としても僕としても、興味深く見ていたので、印象に残っています」

――長崎にいる父を探して江戸からやって来る壮多ですが、彼の魅力を教えてください。

「壮多は大胆な行動をするところが魅力の一つです。血の気の多い清十郎(浅香航大)に心の中ではビビっている部分がありつつも、臆さずに自分が行きたい場所に連れて行ってもらうのですが、そこには、自分にとって必要なことを見極められる頭の良さも見えて。さらに、言葉は通じなくても人の心を和解(わげ)しよう、理解しようという姿勢も良いですよね。もし僕の周りに壮多がいたら、自然と協力してあげたい。ついて行きたくなるような人物ですね」


――壮多は流ちょうなオランダ語を話します。永瀬さんはオランダ語をどのように習得したのでしょう?

「めちゃくちゃ苦労しました。オランダ語は日本語と違うし、英語にも似ている単語こそあれど、発音も全然違うものなので…。所作も大変でしたが、オランダ語のセリフを正しく発音するのも、大変なことの一つでした。本番では変に緊張しながらセリフを言っていたのを思い出します」

――そもそもオランダ語になじみはありましたか?

「一文字も聞いたことがなかったかもしれないです。未知の世界を体験しました(笑)。この言語を考えた人はすごいなと。特に発音が難しかったです」


――どんな発音が難しかった?

「オランダ語が書いてある紙を見て、先生の話したオランダ語を聞いて、言いやすいようにカタカナにして書き写そうとしたのですが、それすらもできないくらい耳が慣れていなくて。結局、先生にオランダ語の読み方をカタカナで書いていただいて、一緒に読みつつ、発音を直してもらいました。また、“G”の発音で“ガッガッ”という部分があって、それを単語の中でナチュラルにやらないといけなかったことが難しかったです。“べライフトゥ”(begrijpt)みたいな」


――では練習もかなりされたのでしょうか?

「そうですね。仕事がお休みの時はリモートで先生に練習のお願いをして。さっき話した“G”の発音は、長崎で壮多が出会うオランダ語通詞の森山さん(小池徹平)も話すので、一緒に“べライフトゥ”(begrijpt)と言い合っていましたね。本当に難しかったです!」


――もっと言うと、現場ではオランダ語だけではなく、英語や、長崎弁などの方言まで含めるとかなりの“多言語”が飛び交っていたんですよね?

「中国語も出てきていましたね。普段、身の回りでこんなにもさまざまな言語が飛び交うことはないですし、耳なじみがないからこそ、魅入られてしまう言葉の魅力がありました。それは、壮多が生きた時代だからこその良い部分で、楽しいところでした」
 
 
――言葉の大変さに惑わされてしまいそうですが、お芝居をする上で心掛けたことはありますか?

「壮多はもともと耳がいいので、ちょっとした言葉でも違和感があれば、それに気付いて怪しむし、頭が切れる人物なんです。そういう部分を表すために耳を澄ませて人の話をよく聞くように心がけて、それを大事に演じていました」

僕の人生に、いちばん影響を及ぼしたのは、間違いなくジャニーさんです

――森山を演じる小池さんの印象はいかがでしたか?

「序盤に小池さん(ふんする森山さん)が外国語を話すシーンがあったので、右でオランダ語を、左で長崎弁を聞いているのを見て『俺より大変だ』と思いながらも、『俺もそろそろ、ああなるのか』と。大変そうだったので、あの時は話し掛けづらかったです」


――今回のドラマは壮多の成長物語です。壮多にとっての森山や神頭と同じように、永瀬さんご自身にも厳しくも人生を導いてくれる人はいらっしゃいますか?

「導いてくれる…。導かれたというと、やはりジャニーさんです。気付いたらジャニーさんの言葉に導かれて、King & Princeになった実感があるので、僕の人生に一番影響を及ばしたのは、間違いなくジャニーさんです」

――今後また時代劇をやるとしたら、誰を演じてみたいですか?

「今回、僕は刀を腰に差していなかったのですが、時代劇といえば刀を持って戦うイメージがあります。刀さばきへの憧れがあるので、今後、時代劇をやらせていただけるなら、殺陣に挑戦してみたいです。演じてみたいのは、誰だろう…。二刀流の宮本武蔵。刀一本でもままならないんですけど、だから逆に二本でやってみたいです(笑)」


――朝ドラや映画など、役者の仕事が続いていますが、たくさんの経験をされている今の状況をどのように感じていますか?

「この1年は『どんとこい、全部出し切ってやるぜ!』という気持ちでいて、気付いたら11月になっていました。その感覚がうれしかったし、妙に心地良かったです。新しいものに触れる大変さもあるけれども、それ以上に喜びがあって、一つ一つにやりがいを実感していました。本当にいろんなことをやらせていただいて、自分の力や経験になったのを感じました」


――自分はこういうタイプだったのかと、改めて知ったことはありますか?

「追い込まれれば追い込まれるほど、踏ん張ったりするタイプだなと。例えば、グループの仕事に加えて個人の仕事があっても『いいじゃん、来いよ』という気持ちになっている自分には驚きましたね。改めて振り返ると、永瀬廉としても、ジャニーズのタレントとしても本当に実りのある一年でした」


――ありがとうございました!
 
 

永瀬廉(ながせ れん)

1999年1月23日生まれ。東京都出身。2018年、King & Princeとしてデビュー。’19年に映画「うちの執事が言うことには」で映画初主演、「FLY!BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました」(フジテレビ系)でTVドラマ初主演を務める。’21年5月には、連続テレビ小説「おかえりモネ」(NHK総合ほか)の及川亮役で注目を集め、’22年1月21日には主演を務める映画「真夜中乙女戦争」が公開される。

土曜ドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」

NHK総合 
土曜 午後9:00~9:49 1月8日スタート
*NHK BS4Kでも放送予定。

 
 
ヘアメーク  KAZUOMI(メーキャップルーム)
スタイリスト 米村和晃、横田勝広(共にYKP)
衣装協力   EMPORIO ARMANI
      (ジョルジオ アルマーニ ジャパン 
       03-6274-7070)
撮影     Marco Perboni
取材・文   NHK担当K記者
 
 
 

「わげもん~長崎通訳異聞~」関連記事

TVガイド みんなドラマ を友達に教える
お気に入り

お気に入りドラマ

カレンダー

曜日別ドラマ

                フォローユーザー

                フォローユーザー

                 
                TVガイド みんなドラマ
                ログインID(ご登録のメールアドレス)
                パスワード
                ログイン
                新規登録
                ドラマを楽しむ。さあ、TVガイド みんなのドラマに参加しよう! 登録(無料)すると、好きなドラマの応援投稿ができます

                登録メールアドレスに本登録用の
                URLを送付します。
                @mindra.jpのメール受信を
                許可してください。

                メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性があります

                利用規約 と プライバシーポリシー
                に同意いただく必要があります