カムカムエヴリバディ NHK総合  毎週月曜~金曜 前8:00~

いいね!
0 シェアする
公式SNS
公式
ドラマページ
  • 胸熱!
    3
  • 号泣!
    1
  • ゾォ~!
    0
  • 爆笑!
    0
  • 尊い!
    2
第2週 のあらすじ
「1939-1941」

【第10回】安子(上白石萌音)と稔(松村北斗)の関係を知りつつも、安子への恋心を諦めることは出来ない勇(村上虹郎)。複雑な思いを抱えたまま、甲子園出場を目指してひたすらに練習に励んでいます。しかし若い男性には召集令状が届きはじめ、連日ラジオからは各国の戦況を伝える臨時ニュースが流れていました。勇にとって最後の夏にも戦争の波が襲いかかります。着実に戦争が日常を変えていく中、安子の心も大きく揺れ動いていて…。   【第9回】稔を訪ねて1人大阪へ向かった安子は、夜遅くに帰宅しました。隣には稔の姿が。橘家の状況や縁談の話、そして安子の本当の気持ちを知った稔は、橘家の人々に安子との交際の許しをもらいに強い決意を固めてやってきたのでした。しかし、簡単に話は進むわけもなく…。一方、事情を知らない雉真家の人々は、稔の突然の帰省に喜びます。そんな中、勇は心に秘めた思いを稔に打ち明け…。   【第8回】砂糖が配給制になり、「たちばな」の菓子作りも打撃を受けていました。そんな中、金太(甲本雅裕)から安子に砂糖会社の息子との見合い話が持ちかけられます。突然の話に戸惑いを隠せない安子。家族の幸せを願う気持ちと稔への思いとの間で、安子の心は大きく揺らいでいました。小しず(西田尚美)の心配をよそに、安子は翌朝、置き手紙を残し小さなかばんひとつで始発の汽車に乗り込んだのでした。   【第7回】大阪にダンサー修業に出たはずの算太(濱田岳)が岡山に帰ってきました。しかし、ダンサーの夢を諦めて家業の菓子修行を始めるわけでもなく、相変わらず勝手気ままな様子。一方、稔は雉真繊維の次期社長として千吉(段田安則)から取引先の軍人・神田猛(武井壮)を紹介されます。そんなある日「たちばな」にこわもての男・田中(徳井優)が押しかけてきました。どうやら算太を追いかけてやってきたようで…。   【第6回】夏休みが終わり、岡山から大阪に帰った稔と文通を始めた安子。何通ものやりとりを通じて2人は心を通わせていくのでした。稔との仲を深める安子を小しずは心配しています。一方、甲子園出場を目指して野球の練習に励む勇は、昔から安子へのある思いを抱き続けていますが、いつも言えずじまいです。そんな中、ヨーロッパでは戦争が始まり、世の中の気配も変化してきて…。

カムカムエヴリバディ
第2週 のファンの投稿
0シェアする
投稿順
タイムレビュー
  • かよころ
    2021年11月14日
    00:00のシーン   

    で、娘のるいの父親はどっちなんだろう、10中8or9はこの人に決まってるけど、待てよ、こっちの可能性も捨てきれなくなってきたな…まさかな…とあれこれ揺れながら見た2週間でした。まぁきっとこの人だろうし、たぶん間違いないだろうけども(笑)。

    雉真るいの父親
  • まり
    2021年11月10日
    08:14のシーン   

    稔さんイケメンすぎるのよ。ラスト1分っていうのも憎いね。涙腺崩壊でメイクが出来ないのよ。朝から良いドラマが見れました!ありがとうございます!

    カムカム
TVガイド みんなドラマ を友達に教える
 
TVガイド みんなドラマ
ログインID(ご登録のメールアドレス)
パスワード
ログイン
新規登録
ドラマを楽しむ。さあ、TVガイド みんなのドラマに参加しよう! 登録(無料)すると、好きなドラマの応援投稿ができます

登録メールアドレスに本登録用の
URLを送付します。
@mindra.jpのメール受信を
許可してください。

メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性があります

利用規約 と プライバシーポリシー
に同意いただく必要があります