カムカムエヴリバディ NHK総合  毎週月曜~金曜 前8:00~

いいね!
0 シェアする
公式SNS
公式
ドラマページ
  • 胸熱!
    3
  • 号泣!
    1
  • ゾォ~!
    0
  • 爆笑!
    0
  • 尊い!
    2
第1週 のあらすじ
「1925―1939」

【第5回】ラジオ英語講座を聴くことは安子(上白石萌音)の毎朝の日課になっています。そして安子の中には稔とのささやかな甘い夢が芽生えようとしていました。ある日、そんな様子を見た親友のきぬ(小野花梨)の計らいで、安子と稔は2人で夏祭りに行くことに。しかし、稔の弟で幼なじみの勇(村上虹郎)から、社長の跡取りの稔と「あんころ屋の女では釣り合わん!」と言われてしまいます。落ち込む安子は、稔の前から走り去ってしまい…。   【第4回】安子は、稔(松村北斗)から教わったラジオ英語講座を聴きはじめました。初めて触れる英語はさっぱり分かりませんでしたが、稔のおかげで新しい世界に夢中になっていきました。稔は、父・千吉(段田安則)が一代で築き上げた雉真繊維の跡取り。将来欧米との取り引きをするため、英語を学んでいます。ある日、安子は稔に誘われて初めて喫茶店に行くことに。そこではマスター(世良公則)こだわりのジャズが流れていて…。   【第3回】高等小学校を卒業し、14歳になった安子は、あんことおしゃれが大好きなごく普通の女の子。家業の手伝いをしていますが、まだこれといった将来の夢は見つかっていません。店番をしていると、ある青年が和菓子を買いにきました。この青年、実は安子の幼なじみ・勇の兄・雉真稔でした。流ちょうに英語を話す稔の姿に安子は心を動かされます。この出会いがやがて安子の運命を大きく変えることに…!   【第2回】気持ちのこもった甘くておいしい「たちばな」のお菓子が大好きな安子。いつしか自分も杵太郎(大和田伸也)や金太(甲本雅裕)のように和菓子を作る人になりたい!と思うようになりますが、周囲からは「おなごだから…」と諭されます。一方、兄の算太(濱田岳)は、跡取りとして菓子修行を始めるも一向に身が入らず、仕事場から逃げ出しては映画を観に行ってばかり。どうやら算太には心に決めた夢があるようで…。  【第1回】日本でラジオ放送が始まった1925年(大正14年)3月22日。岡山にある和菓子屋にヒロイン橘安子が誕生しました。実直な父・金太(甲本雅裕)に優しい母・小しず(西田尚美)、厳格な祖父・杵太郎、しっかり者の祖母・ひさ(鷲尾真知子)、やんちゃな兄・算太たち家族や職人に囲まれ幸せに暮らしています。あんこの香りに包まれた温かい家庭ですくすくと成長し、安子は小学三年生になりました。

カムカムエヴリバディ
第1週 のファンの投稿
0シェアする
投稿順
タイムレビュー
  • melmeltokyo
    2021年11月05日
    12:54のシーン   

    松村北斗くんの完璧な“王子さま”演技と、
    上白石萌音ちゃん十八番の”“身を引く女のコ”っぷり。

    クーッ!いいね!

    フラッシュ金子の音楽もいい。

    カムカムエヴリバディ ガンバレ安子
  • せじょりー
    2021年11月01日
    08:04のシーン   

    やっちゃん(勝手に💦)が、かわいすぎます!
    ドラマのいろいろ見すぎて、
    おはぎ好きじゃないのに、そろそろ好きになりそう(笑)

    カムカム おはぎ
TVガイド みんなドラマ を友達に教える
 
TVガイド みんなドラマ
ログインID(ご登録のメールアドレス)
パスワード
ログイン
新規登録
ドラマを楽しむ。さあ、TVガイド みんなのドラマに参加しよう! 登録(無料)すると、好きなドラマの応援投稿ができます

登録メールアドレスに本登録用の
URLを送付します。
@mindra.jpのメール受信を
許可してください。

メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性があります

利用規約 と プライバシーポリシー
に同意いただく必要があります