ナビゲーター
TVガイドみんなドラマ編集部
2021.10.30
 キンプリ・永瀬廉が「わげもん」で時代劇に挑戦。「雪駄の寒さも忘れるくらい熱を持って演じていきたい」
いいね!
0 シェアする

King & Princeの永瀬廉が、NHK総合で2022年1月8日スタートの連続ドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」(土曜午後9:00=NHK大阪拠点放送局制作)で主演を務めることが分かった。

   
 ドラマは、同局の「アシガール」で脚本を手掛けた宮村優子氏によるオリジナル作品。幕末、激動の国際都市・長崎を舞台に、言葉を操る和解者(わげもの)=通訳者たちが、来たる時代に立ち向かっていく時代劇だ。
 永瀬は、通詞(つうじ)だった父の失踪の謎を追って、江戸から長崎にやって来た青年・伊嶋壮多を演じる。
 江戸時代、西洋への唯一の窓口となり、いわば国際都市として栄えた長崎。出島に出入りし、オランダとの交易を、通訳として支えてきたオランダ通詞たちは、政治的な交渉にも立ち会い、情報収集にあたるプロフェッショナル集団だった。
 嘉永2(1849)年、ペリーの黒船来航まで残すところ4年。オランダ以外の西洋列強、アメリカ、イギリスなど諸外国の影が年々色濃くなり、長崎は波乱の時代を迎えていた。通詞たちには「早急に英語を学べ!」の大号令が下される。
 そんな長崎に、失踪した父の謎を探るため江戸からやって来た、類まれな語学センスと好奇心を持つ壮多。彼は、名通詞・森山栄之助の英語塾で学ぶことに。そんな壮多の周囲では、長崎ならではの密輸事件が起きる。

TVガイド みんなドラマ を友達に教える
 
TVガイド みんなドラマ
ログインID(ご登録のメールアドレス)
パスワード
ログイン
新規登録
ドラマを楽しむ。さあ、TVガイド みんなのドラマに参加しよう! 登録(無料)すると、好きなドラマの応援投稿ができます

登録メールアドレスに本登録用の
URLを送付します。
@mindra.jpのメール受信を
許可してください。

メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性があります

利用規約 と プライバシーポリシー
に同意いただく必要があります