ナビゲーター
TVガイドみんなドラマ編集部
2021.9.1
松本まりか×タナダユキが「東京、愛だの、恋だの」で初タッグ。東京で生きる女性たちのリアルな“今”を描く恋愛群像劇
いいね!
0 シェアする

Paraviでは9月11日から、主演・松本まりかとタナダユキ監督が初めてタッグを組むParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」(1・2話は同時配信。以降毎週土曜1話ずつ配信/全7話)を独占配信。各話に登場する豪華キャスト陣も解禁となった。

   
本作は、大都会・東京を舞台に、仕事、恋愛、結婚、友人関係、夫婦関係などに悩みを抱えた女性たちが嫉妬や承認欲求、孤独、将来への不安といった感情と戦い、時には浮気や不倫、家庭の問題、キャリアシフトといった壁にぶち当たりながらも、自分の居場所を探す恋愛群像劇。

 主人公は、東京の賃貸不動産会社で働く35歳の女性・和田かえ(松本)。10年以上付き合っている恋人とそろそろ結婚を考えつつも、大学時代からの男友達との関係に安らぎを見いだしている。そんなかえの下へ現れるのは、結婚に自信をなくすプレ花嫁、孤独を抱えるバリキャリ、人生設計を見つめ直す弁護士、家庭と仕事それぞれの幸せを手にしているはずの友人同士、将来の不安を実感するフリーランスなど、何らかの事情で住まいを探そうとする女性たちや悩みを抱える知人たち。それぞれ懸命に生きようとする彼女たちにとっての東京とは? 幸せの形とは? そしてかえの恋愛の結末は? 女性たちのリアルな実情に迫り、それぞれの日常を優しく描いていく。

      

TVガイド みんなドラマ を友達に教える
 
TVガイド みんなドラマ
ログインID(ご登録のメールアドレス)
パスワード
ログイン
新規登録
ドラマを楽しむ。さあ、TVガイド みんなのドラマに参加しよう! 登録(無料)すると、好きなドラマの応援投稿ができます

登録メールアドレスに本登録用の
URLを送付します。
@mindra.jpのメール受信を
許可してください。

メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性があります

利用規約 と プライバシーポリシー
に同意いただく必要があります