ナビゲーター
TVガイドみんなドラマ編集部
2021.8.24
間宮祥太朗が史上最弱な銀行強盗に⁉︎ スペシャルドラマ「バンクオーバー! ~史上最弱の強盗~」、2週連続放送!
いいね!
0 シェアする

間宮祥太朗(写真左)、上白石萌歌(同右)がタッグを組み、“多様性”を軸に描いた新感覚サスペンスコメディー「バンクオーバー! 〜史上最弱の強盗〜」。2話完結となるこのドラマが、9月19日(日)後10:30~、26日(日)後11:00~の2週にわたり、日本テレビ系で放送されることが決まった。

  
主人公である、のっぴきならない事情を抱えた史上最弱な銀行強盗・猿渡佐助を演じるのは、間宮祥太朗。決死の思い出入った銀行で別の強盗と鉢合わせをしてしまい、予想外の展開の連続で立場が危うくなっていく。
一方、たまたま銀行に居合わせたことで人質となってしまう女性弁護士を、上白石萌歌が演じる。二組の銀行強盗を前にして、どちらが金を受け取るにふさわしいかを仲介していくことに…。

間宮は、「安心感もあって、楽しんでフルスロットルに演じてくれているのでは?」と、二度目の共演となる上白石の演技に期待を寄せる。さらに、会話や展開で楽しませることにはハードルの高さを感じると話しながら、「僕自身も現場でどのような不確定要素が飛び込んでくるか楽しみです」と、追い込まれる佐助の好演を予感させた。
さらに、「脚本を読んで物語の面白さにニヤニヤした」と話す上白石は、「間宮さんとは、血の繋がった兄妹役でご一緒したことがあるので楽しみです」と、再共演を喜んだ。

【あらすじ】

 のっぴきならない事情で銀行強盗に入った主人公の佐助。しかし、そこには既にもう一組の銀行強盗が!! 「しかも、相手は超強そう。このままじゃ計画が失敗に終わってしまう!」と思った佐助は、「金を持ち帰るのにふさわしいのはどっちか、話し合いで決めませんか?」と、その場で人質たちをも巻き込んで、奇妙な議論を初めてしまう。そんな中、次第に明かされていく登場人物たちの“ウラ事情”。彼らに共通しているのは、“外見と中身のギャップ”がありすぎること。それは、悪っぽい、真面目そう、おバカっぽい、カネが無さそう…。だが、「本当の自分は違うのに!」と、彼らの本当の姿がわかった時、奇跡の大逆転劇が始まっていく―。

衝撃の展開が続く新感覚サスペンスコメディー「バンクオーバー! ~史上最弱の強盗~」は、日本テレビ系で9月19日(日)後10:30~、26(日)後11:00~、2週連続で放送!

      

TVガイド みんなドラマ を友達に教える
 
TVガイド みんなドラマ
ログインID(ご登録のメールアドレス)
パスワード
ログイン
新規登録
ドラマを楽しむ。さあ、TVガイド みんなのドラマに参加しよう! 登録(無料)すると、好きなドラマの応援投稿ができます

登録メールアドレスに本登録用の
URLを送付します。
@mindra.jpのメール受信を
許可してください。

メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性があります

利用規約 と プライバシーポリシー
に同意いただく必要があります